住宅ローン金利、固定金利のデメリットとは?

住宅ローン金利固定金利のデメリットは、期間指定型固定金利の場合は指定期間が過ぎた時に、もう一度その時の金利で住宅ローン金利の金利を選ばなくてはいけないことです。
この時に金利が上がってしまうことが一番のデメリットです。
元本が少なくなった返済期間が進んだ時点でならインパクトは少ないですが、3年や5年の固定期間の商品で急激に金利が上がってしまった場合は、その時にはどの商品を選んでも金利は高いでしょうから返済は厳しくなります。
変動金利のような返済額アップの上限はないのでいきなり返済額が驚くほど上がる可能性もあります。
また、全期間固定金利の住宅ローン金利は金利が高いことが唯一のデメリットと言えます。
低金利が今後長期間続いた場合は変動金利に比べて大分金利を支払うことになります。