プロバイダにより違うサービスの選び方とは?

日本だけでも、様々なプロバイダが存在します。

一般的な接続サービス提供における金額は、正直どれも似たり寄ったりというのが正直な感想なのですが、その他細かなサービスまで見てみると、結構違ってきたりするものです。
まずは一般的なサービスですが、例えばフレッツの光回線用の接続アカウントを取得する場合は、月々大体1600円程度で、2年間契約するという約束のもと、そこから数百円割引されるというパターンがほとんどです。
しかし、接続方法がわからないという事で、電話しようとしても、フリーダイヤルだったり、電話代がかかってしまったりと、異なってきます。
また、ルーターを借りていて、解約したいので返却したいという時に、その配送料が自分持ちだったり、プロバイダ持ちだったりという違いも生じてくるのです。
そういった細かい違いに目を向けておく注意が必要となります。
どれも同じでしょとたかをくくって契約すると、あとで色々と大変だった、という話はよく聞くのです。