フラット35で駆りかえるメリットとは?

住宅ローンを組む時、たいていの場合は火災保険と団体信用生命保険という物に加入をします。
火災保険はご存知のように、家が火災に合った場合に保証が出る物ですよね。
団体信用生命保険とは、契約者が死亡した場合、残されたローンは団体信用生命保険会社が支払う。
という物になります。
一般的な銀行の住宅ローンは、この団信の保険料は銀行が負担するものです。
ですが、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して出来たフラット35という住宅ローンは、この団信の保険料を自分で支払う必要があります。
その点が普通の銀行ローンとは違う部分なのですが、フラット35のメリットは、低い金利で長期固定のローンが組める。
という点です。
ですから、他行からフラット35に借り換えする方も大勢いらっしゃいます。
住宅ローンを組むうえで、何よりも安心が欲しい。
という方は一般的な銀行ローンよりもフラット35の方がおすすめです。
新生銀行の住宅ローンの借り換え審査は甘い?